最初に入れとくべきローン
ホーム > まつげケア > 自己流まつげケア

自己流まつげケア

1歳の息子をもつ、22歳専業主婦です。

私は昔からまつ毛が長くて量が多いと言われていて、それが自慢でした。しかし化粧をし始めた大学1年生頃からまつ毛の抜け毛が激しく、自分で見てもスカスカになってしまいました。

 

その時の化粧はマスカラをコテコテに塗り、その上からつけまつ毛をつけ、さらにその上からまたマスカラを塗ると言うコテコテな化粧でした。夜家へ帰ってからも化粧を落とさないまま寝てしまい、クレンジングするのは次の日の朝というのは普通でした。

 

そしてそのまま新たにコテコテなアイメイクをして学校へ…そんな事はほとんど毎日でまつ毛にとってはとっても負担だったと思います。さらに、クレンジング時はゴシゴシと強く擦りながらするのが当たり前で、終わった後には何本もまつ毛は抜けていました。

 

しかしまつ毛が減ったと感じたくらいから、私の化粧への意識も変わりました。友達に相談したところ、まつ毛の負担についての指摘が厳しくあったからです。それからはつけまつ毛は付けるのを止め、夜は必ず化粧を落とすことをしました。もちろん洗顔の時は優しくしました。まつ毛にクレンジング剤を塗りこむように優しくすることを気をつけました。少し手の動かし方を変えるだけでマスカラも綺麗に落ち、まつ毛は抜けないようになりました。

 

それらを気をつけているうちに、気づけばまつ毛は元どおりでした。それからはずっと続けています。まつ毛用の美容液なんか使わなくても、長く量の多いまつ毛はキープされています。