最初に入れとくべきローン
ホーム > スカルプシャンプー > 美容院の販売品と市販の商品の違いとは

美容院の販売品と市販の商品の違いとは

スカルプシャンプー女性用の美容院で販売されている商品と市販品として売られているシャンプーとの違いをお教えします。もし、スカルプシャンプー女性用のどんな点がおすすめなのか分からないというなら、ここで勉強しておきましょう。
市販で安価で売られているスカルプシャンプーの大半は、爽快感やきちんと洗えている感を出すために、必要以上にたくさんのアルコールが含まれています。
いわゆるスースー系シャンプーです。
注射をするときにアルコール消毒をすると、スーッとしますよね、それと同じ原理です。
実はアルコールがたくさん入っていると、弊害が現れる場合があります。
しかも市販のシャンプーには、高いシャンプーに含まれるアルコールと違い、安価な低級のアルコールが使用されています。
髪の毛に対しては、ヘアカラーの褪色(色あせること)トリートメントを溶かす。
頭皮に対しては、油分を取り除きすぎてしまい、それを補うために皮脂を過剰に分泌してしまい、余計に脂っぽくなってしまう。
つまり洗えば洗うほど余計に頭皮に負担がかかってしまうことにつながるんです。
以上の事をふまえて、市販のシャンプーは使わないほうが良いでしょう。
以前、資生堂の方にお話を伺ったところ、同じ値段のシャンプーでも市販のシャンプーと美容院専売のスカルプシャンプー女性用とでは、内容成分がかなり違うということ。
なぜなら市販シャンプーは広告費など経費がかかるため、その分シャンプーの原料費などを節約しないといけないんです。
よって同じ値段でも美容院専売のスカルプシャンプー女性用の方がいいそうです。
初めてスカルプシャンプー女性用を購入する際は、理美容師さんに相談するのが得策だと考えられます。

スカルプシャンプーの女性用がたえず頭皮ケアに大好評の人気な理由